思春期男子の子育て

男子3人の子育て【言われて嫌だったこと】

うさこには3人の男の子がいます。

今はもう大学生と高校生たちなのでデカいですが、小さい時はそれはそれはもう大変な毎日でした。

街を歩いていて、小さいお子さんを連れているお母さんをみると
「あぁ、大変だろうな。がんばってるなぁ・・」なんて、近所のおばちゃんのようなことを思いながら目を細めてしまいます。

そんな風に思えるようになったのはいつからだろう・・?

小さい時の悩みとは違い、今は今で違う悩みがあるものなんですよねぇ。

うさこ
うさこ
子育ての悩みはいつになったらなくなるんでしょう
うさおくん
うさおくん
うさこ、しわ増えたぞ
うさこ
うさこ
やかましいわ。苦労でしわも増えるわ

ところで、

お子さんがいらっしゃる方、お子さんのことで「ちょっとイヤだな」なんていう言葉をかけられたことはありませんか?

今でこそ、もう子供は大きいのでそんなにありませんが、
小さい時はなんだかんだと言われて「なんだかな〜」と、もやもやすることが多かったです。

うさこ
うさこ
言われた代表的な言葉がコチラ↓

男の子でかわいそう

「なんだ、このかわいそうって!」って感じですが、これは公園に行ったときにたまたま砂場にいた見ず知らずのママさんから言われた言葉です。← 今でも鮮明に覚えてる。

うさこ
うさこ
初めて行った公園で、初めて会った人ですよー

そのママさんは男女のお子さんがいたのですが、きっと男の子ばかり3人だったから(女の子がいなかったから)この言葉が出たのかなと思いますが・・。

なぜこの言葉が出たのか真相はわかりません。

その時のうさこは、固まった表情だったと思います。

うさこ
うさこ
今思えば、なんでかわいそうなのか聞けばよかった・・
うさおくん
うさおくん
さすがに悪気がないにもほどがあるぞ

そんな風に思ってしまうあなたがかわいそうな人です。 byうさこの心の声

ちなみに二度とその公園には行きませんでしたww

やっぱり男の子だったね

これは三男を産んだ直後、実母から言われた言葉です。

うさこがまだ分娩室にいるときに、この言葉をめちゃくちゃ残念そうに言いながら母が入ってきました。← 今でも鮮明に覚えてる。

うさこ的には、残念そうに言ったのがちょっともやもやしました。

とっくに産む前から性別は分かっていたので、母にも伝えていました。

きっと母の心理は、
「男の子とは聞いていたけど、もしかして判定が間違っていて女の子かも・・。でも実際に生まれたらやっぱり男の子で間違いなかったのね・・。」

だと思います。

このことを後になって母に言ってみたら、覚えていないとのことでした。

うさこ
うさこ
言われたほうは忘れないんだけどね

悪気がないって恐ろしい・・・。

男の子ばかりで嫌じゃない?

これは親戚の方に言われた一言です。ちなみに女の子がいる方です。
うさこ、これは完全に傷つきましたよ。

「まあ大変ですけどね・・かわいいですよ」と言うのが精一杯。
顔の筋肉が引きつりながらも、愛想半笑いでした。

うさおくん
うさおくん
これもパンチが効いてるな
うさこ
うさこ
もはや悪意を感じる・・

男でも女でも自分の子はかわいいです。

次、頑張って

いや、次にナニがんばるん??

これも親戚からのお言葉。ちなみにお子さんはいない方です。

次はありません。

これ以上育てられません。

まとめ

以上、どれもこれも共通していることは、言っている方は悪気がないってこと。

でも「悪気がないからいいでしょ」にはならないですけどね・・。

悪気がないほど、タチが悪い

うさおくん
うさおくん
うむうむ

子供がいないと「子供まだなの?」

子供がいたらいたで「女の子がいいわよ」「男の子はやだな」

と好き勝手に放たれる言葉。

人様のことはそっとしておきましょう。

自分が言われて嫌なことは、人様には言わないようにしようと心に誓ううさこでした。